プログラミング勉強

購入してよかった!フロントエンド教材のFrontHacks(フロントハックス)について

こんにちは、もも(@momo_programer)です。

 

私は普段、バックエンド開発をしている駆け出しエンジニアなのですが、バックエンド開発をしていてもフロントエンドを触ることが頻繁にあります。

 

知識が少ないのでソースコードを読むことさえ一苦労していて、この際だからフロントエンドもしっかり勉強しておこうと思い、

 

プログラミングスクールを検討したのですが、働いているのでなかなか時間がとれそうになく、

 

スキマ時間でフロントエンドをマスターできる、良い教材はないかな~

 

と思っていたところ、FrontHacks(フロントハックス)という動画教材が良さそうだったので、購入してみました。

 

それがとっても良い教材だったので、今回はフロントエンド教材の紹介記事です。

 

プログラミング学習に20万をかける余裕がいま無い!

 

受講期限があると、ハードルが上がってやりきれるか不安。働いているから、無理!

 

という方は、ぜひチェックしてみて下さい^^

 

FrontHacks公式ページはこちら

 

私がFrontHacksを購入した決め手

私がなぜFrontHacksを選んだのかというと、大きく分けて3つの理由があります。

 

「信頼性」・「内容」・「料金」です。

 

まず1つ目の「信頼性」は、

 

この講座をプロデュースしているのが、迫佑樹さんというプログラミング講師の経験もあり、最近ではタピオカ屋さんなど実店舗でのビジネスもされている方で、私も1年前くらいブログやYouTubeを見てきて、タメになる話をたくさんしてくれる方なんです。

 

教えることが好きという理由で教育事業に力を入れていたのを知っていたので、講座の質の高さはある程度予想していました。

 

そして、その迫さんが信頼における人を講師に選んでいます。FrontHacksの講師はつよぽんさんという方です。

 

この方は教えることに長けている方で、メンターサービスのプラットフォーム「MENTA」で1位を獲得した経験もある実力。私もMENTAで教える側をやった経験があるので分かりますが、教えるのってかなり難しいから、それで1位はすごいなと。

 

しかもFrontHacksの公式ページでつよぽんさんの経歴を見てみると、MENTAで1位にそりゃなるわ!と思うほど知識と経験が濃くて、講座に対する信頼度が増しました。

 

迫さんとつよぽんさんの対談YouTubeもあり、こちらもプログラミングを学習しようとしている人にはとても良い内容なので、見てみるといいです。

 

そして2つ目の「内容」ですが、

 

FrontHacksの公式ページを見てみると、「15万でこれだけ学べるの?」と思うほど、学習できる範囲が広いんですよね。フロントハックスと言うだけあって、網羅的です(笑)

 

JavaScriptをしっかり学んだうえで、Vue.js、jQuery、Node.js、Reactまで学べるのがなによりの魅力です。

 

詳しいコンテンツ内容は公式ページから確認することができます。

 

そして3つ目の「料金」ですが、

 

私は、一度払ってしまえば、ずっと、いつでも動画を見ることができる買い切り型だったことが決め手になりました。

 

定額制や、分割になるのは搾取されている感があって苦手なので、できるだけ1度で済ませたかったんですよね。

 

FrontHacksの料金は、¥149,800と安くはないのですが、私の手取りが交通費など抜いて17万なので、給与1ヶ月分で払える額。

 

これで仕事の質を上げられるなら、全然安いなと思いました。

 

普通にプログラミングスクールに通おうものなら、15万では無理ですからね。

 

あるとしたら、提携企業にそのまま送り込まれるタイプの無料スクールぐらい。

 

しかもFrontHacksではさらに、質問を無期限に受けつけてくれるというサービス付きなので価格以上のサポートです。

 

それから、FrontHacksの受講生が結果を出していることもポイントです。

 

この講座で未経験者から転職を成功させている方がすでにいたので、15万でそれだけのリターンをうみだせる可能性が高いことも購入の決め手でした。

 

 

 

実際に受講してみてどうだったか&難易度のレベルは?

私は現在もこの講座で勉強中なのですが、楽しいです!FrontHacksのポイントをまとめてみるとこんな感じです。

 

受講してみた感想まとめ

・動画が分かりやすい

・退屈しない&習得しやすい工夫

・質問対応力がすごい

・動画1つ5分~10分程度なのでスキマ時間で学習できて嬉しい

・初心者がつまづきやすい部分を追加動画でslack上にシェア

・オンライン勉強会あり

 

それから、難易度については初心者から中級者向けの講座だなと感じていて、内容はかなり濃いです。

 

講座以外の知識も必要になったときも、この講座で学んだことが土台としてあれば、応用力がついて理解が早くなると思うので幅広い層にオススメできる教材かなと思います。

 

プログラミングに興味があるけど、何を勉強すればいいか分からない人

⇒ HTML/CSS/bootstrapなどWebサイトを作るのに必要にマークアップ言語もFrontHacks内で学び、フロントエンドのかなめであるJavaScriptを徹底的に勉強

 

すでにフロントエンドを学習したことがある人

⇒ 基礎をちゃんと理解しているか確認とまだ知らないフレームワークについて勉強、少し難易度の高いこともやっているので発見がある

 

バックエンドエンジニアを目指しているorすでになっている人

⇒ バックエンドの技術とかけあわせて使えるので、できることの幅が広がる

 

頭に入りやすい学習スタイル

まず学習のスタイルが頭に入ってきやすかったです。

 

スライド形式 + つよぽんさんが実際のソースコードを動かしてみる形式で構成されていて、テキストでの理解、音声での理解、ソースコードでの理解ができるのが分かりやすくてよかったです!

 

退屈しない・習得しやすい工夫

講座の中で「エクササイズ動画」がたくさん盛り込まれているんです。

 

過去に私もさまざまな教材のお世話になりましたが、これがあるのとないのとでは、教材も雲泥の差なんですよね。

 

自分がちゃんと理解しているかこまめに腕試しができるので学習していて退屈しないし、覚えたことをすぐ使うことで定着しやすいなと思いました。

 

エクササイズ動画でとくに感心を受けたのが、組み込みメソッドと呼ばれるメソッドを自作する回があったことでした。

 

そのメソッドがどんな動きを裏でしているかを解説している人に今まで出会わなかったので、ここまでやってくれるんだと思わず感心しました。

 

プログラミングは自分で考え、手を動かすことで理解がどんどん深まるので確実にスキルアップできる工夫がありがたかったです。

 

内容の濃さ・難易度

ひよっこエンジニアな私の意見ですが、初級から中級までふかーく学べます。

 

だから、一回買っておけば長く使える教材ですね。

 

たぶん、初心者の人が勉強すると難しく感じる瞬間があるけど、それは私もPHP勉強したときに経験した身なので、全然心配することはないですよ。

 

1回で分かる人っていないので、何回も繰り返し聞いたり、完全に分からない場合でも少し先に進んでみて、復習がてらにもう一度聴いたら「なんだ、そういことか!」とすんなり理解できるようになっていることもよくあります。

 

分からない単語は、調べながらゆっくり学習するのがオススメです。英文を辞書引きながら読み解いた学生時代を思い出して、丁寧にやっていくとあとあと楽というか、あとあと頭がパニックになるのでやったほうがいい(笑)

 

質問対応の質とサポート範囲

もし分からないことがあったらslackというチャットアプリを使って講師であるつよぽんさんに直接、質問できます。

 

そのときのつよぽんさんの対応がすごくて、毎回長文で、間違っている箇所を指摘してくれるだけじゃなく、なぜエラーになるのか流れを追って説明してくれるのです。

 

初学者の場合は、とくに最初は理解するのが大変で、「ほかの人は、こんなことできて当たり前なんだろうか?」と不安になることって多いと思うんですけど、

 

こんな風に流れを教えてくれると理解も早いし安心もするから、一つ一つクリアしていこうと思えるんですよね。

 

しかも、slackだと他の受講生さんの質問も見れるので、どんな風に質問すればいいか参考にできます。

 

転職についての相談もできるみたいなのでサポート範囲が広く、エンジニア転職を目指している方は活用し放題だなと思いました^^

 

 

私も実際に参加したオンライン勉強会!

そしてなんと、動画教材だけでなく、つよぽんさんはオンライン勉強会も開いてくれます!もはや15万という料金を超えている大サービスです(笑)

 

不定期でソースコードをいじりながらのオンライン勉強会なのですが、私も実際に参加しました!

 

ReactNativeというスマホアプリがつくれるJavaScriptのフレームワークがあるんですが、以前に仕事で案件に関わったことがあったので、興味があって参加したらつよぽんさんと1対1で教えてもらうことができました~!!

 

まさに私のためだけに教えてもらえたような貴重な時間でした。

 

オンライン勉強会って勇気がいると思いますが、参加してみるともっと頑張ろうと思えたりするので良いですよ!

 

勉強会の内容は録画動画として残してくれて、いつでもだれでも振り返って見ることができます。

 

JavaScriptの需要について

さて、ここでJavaScriptについても少し書いておこうと思います。

 

JavaScriptは見た目の部分に大きく関わるプログラミング言語なので、ほかのプログラミング言語とかけ合わせて使うことも多く、需要が高い言語であることが特徴です。

 

つまり世の中に必要とされる場面が多いということです。

 

またJavaScriptの需要を調べてみると、エンジニア転職で有名なレバテックキャリアではこんな結果が出ていました。

JavaScriptの求人割合は、前年度比34.36%増加し、全言語の中でもっとも求人数の割合が増加した言語となりました。

JavaScriptが拡大している要因としては、主に2つ挙げられます。1つ目は、フロントエンドとサーバーサイドともに対応できる汎用性です。サーバー側で動作するNode.jsを代表とするサーバーサイドJavaScriptの普及によって、言語としての可能性が押し広げられ、JavaScriptはWebアプリケーション開発現場で幅広く使用されています。

引用元:レバテックキャリア「【2020年7月発表】プログラミング言語別求人案件ランキング」

 

前年度に比べてJavaScriptの求人数が増えているということなので、開発案件数が比較的安定している言語ということですね。

 

ちなみに、引用文にあるNode.jsはFrontHacksで学習することができます。

 

しかし、最近はフロントエンドエンジニアを目指す人が増えて、差別化がとっても大事になってきています。

 

どうやって差別化していったらいいのか。

 

いろんな方法があると思いますが、さまざまなフレームワーク(jQueryやVue.js、Reactなど)の勉強経験があるだけでも差別化になります。

 

普通、開発するアプリによってどのフレームワークが適しているか決まるので、複数のフレームワークについて知識があると、企業にとってはそれだけで魅力的ですから、アサイン(案件のメンバーになる)チャンスも多くなります。

 

なので、FrontHacksでさまざまなフレームワークに触れられることは十分価値があり、どれか一つを極めるのはそのあとでも全然イイのです。

 

この講座を皮切りに、現場でさらに複雑なことができるようになれるだろうし、私のようにバックエンドエンジニアは自分の仕事の幅を広げることもできます。

 

やっていく中で、自分が面白い!と思えるものがでてきたら、深堀りして勉強してみるとか、仕事に就いて必要に応じて深堀していくのがいいと思います。

 

ぜひトライしてみてください。きっと人生が変わります。

FrontHacks公式ページはこちら

 

まとめ:価格以上の満足。フロントエンドマスター教材としてオススメしたい

FrontHacksを受講してよかった点をまとめると、

 

FrontHacksを受講してよかった点

・15万円でフロントエンドを広範囲にマスターできる

・初心者~中級者まで学べる内容

・仕事をしながらでも勉強できる手軽さがある

・無期限に質問し放題や追加動画、オンライン勉強会など価格以上のサポートがある

 

でした。ぜひ教材迷ってる人はこれに決めちゃって2~3ヵ月で終わらせてエンジニアデビューしましょう^^

 

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-プログラミング勉強
-

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.