技術メモ

楽天APIでPHPLaravelアプリ内で書籍検索をする!②

こんにちは。プログラミング学習中の

TechAcademyのPHPLaravelコース

です🍀

 

前々回紹介した、英語日本語モード変換キーをカスタムして使い出したらすごく便利になりました~。

 

繰り返し使っていると慣れてきて最高ですね。

 

さて、今回は前回楽天APIで書籍検索機能を実装したのですが、不十分な部分があったので、そこを直していきたいと思います。

 

前回のAPI実装の記事を見てみる

PHPLaravel 空文字で検索されたら処理を無視する

 

前回の記事では空文字検索をするとエラーになってしまっていました。

 

参考にしていたPHPのサンプルコードでは$keyword = '';という初期値になっていました。

 

キーワードを入力しても、if文の直前までこの定義が変わっていないことが判明。

 

(方法としては、dd($keyword)をUsersControllerで処理を書いているところのif文の前と後を試しに入れて中身を確認してました)

 

なので、初期値がこの書き方だと空文字検索されたときに、空文字という認識で処理が行われてしまい、if文の中のURL生成時(execute_api()の時)にURLが正しく生成できなくてエラーになっている、ような気がしました。

 

そこで、初期値を修正し、

 

 

このように検索フォームに入った'keyword'というパラメータを取得してきてもらうようにしたところ、空文字検索でのエラーを解消をする事ができました。

 

時間かかってたので、こんなことだったのか・・・とちょっとげんなりでした(笑)

 

※初心者コードなので、あくまで参考までに。

キーワードが入ってないのに「検索結果はありません」と出る対処法

こちらはエラーというわけではなかったのですが、

 

blade.phpの方を修正して直しました。前回は下記の様に書いていて、下は映ってないのですが、@ifのあとで<div class="row">として囲ってるのが分かります。

実はpタグ「検索結果はありません」をこのrowの中に入れてしまっているのが原因でした。

 

rowの外に出したところ、最初のページの読み込み時は表示されなくなりました。かなり初歩的なことでした💦

このあとできること

さて、検索機能は実装できました。

 

楽天APIの検索機能を追加した際はクレジットを入れる必要もあるので、忘れずに。

 

そして今後ですが、検索機能のカスタムや応用させていけたらもっと面白そうですよね。

 

現段階では、「画像」「商品名」「価格」の表示をしているので、

 

レビューが多い順に表示しているのが分かるように見せたりするのも大切かなと思います。また、そういう絞り込み検索ボタンを作って、表示させるのもいいですよね。

 

あと私は書籍管理アプリを作っているので、楽天ブックス検索で出てきた結果の中ですでに自分が読んだ本があったら、登録するボタンを作って、それをそのまま自分の投稿に使える機能を付けられたら便利です。

 

書籍名とか、入力するの地味に面倒なので(笑)

 

そのためにも、画像アップロード機能もつけたいところです。

 

道のりは長いですが、楽しいので今後も頑張ってやっていきたいと思います。

 

ではまた。

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-技術メモ

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.