雑記

女子エンジニア もものプロフィール

はじめまして、もも(@momo_programer)です。

 

私はアパレル販売員からエンジニアに転職して、現在はプログラミングを勉強したり、自分のコンテンツを作ってみながら好きなことをして生きています。

 

生まれも育ちも東京で、1994年生まれです。

 

いまでこそ、自分の好きなことをして楽しんでいますが、ずっとそうだったかというと全然そんなことはありません。

 

今回は、人生の幸福度グラフを作ってみたら、意外と面白いグラフができたので自己紹介もかねてお見せします♪

私の人生の幸福度グラフ公開!

 

自分の人生をこんな風にグラフにしてみたことが無かったのですが、25年間だけでもいろいろあったなって感じです。

 

特にここ10年は若気の至りなのか、激しい人生でした(笑)

 

6歳~22歳まで:人間関係に悩まされ続けた学生時代

小さい時から悩むのが好きなんじゃないか?と思うくらい悩み症で、20歳くらいまで幸福度は低かったです。

 

今よりももっとプライドも高かったので、苦労もしたし、傷つくことも多かったから、戻りたい子供時代はありません(笑)

 

どの時代に戻っても辛いしつまらなかったから、今だけを見れる。それが私の土台になっています。

 

「人生そんな甘くない、そんなうまくいかない」が口癖の両親のもとで育つ

共働きの両親の口癖が「人生そんな甘くない、そんなうまくいかない」でした。

 

なにをやるにしてもそう言われて、そう言われるとやる気も削がれて、いつの間にかやりたいことが分からなくなりました。

 

小学生のときはパソコンクラブに入り、高校でもブログ小説をやったりネットと繋がりを持ち、将来はウェブ系の仕事をするのもいいかなと考えたこともあったのですが、

 

両親には「○○(私の名前)に仕事なんてあるの?」とか「そんなことができても、今の子はそれが普通なんじゃない?使えて当たり前なんじゃない?」とやる気をへし折られる言葉をたびたび言われて、そのうち相談するのも億劫になりましたね。

 

嫌味を言わずにはいられないほど、ずっと苦労して生きているんだろうと思います。知ったこっちゃないけど。

 

友だち運ゼロ、超マイナス思考、恋愛下手、減点方式の人生

私は子どものときから友だち運ゼロで苦しみました。友だちなのに、嫌味や悪いところを指摘しあったりして自分も相手も最悪でしたね(笑)

 

ジャイアンみたいな女子にいじめられたこともあったし、私にデレデレするくらい甘えてきていた友だちとトラブって突然、その子が豹変して呪いの紙とかメアドバラまかれたりとかしてホント散々だった(笑)

 

おかげで人間不信になって、恋愛も超下手で、相手に「こう思われたらイヤだ」とか「こう思われたい」が先行して、情緒不安定な行動ばかり

 

相手を知ろうとする余裕がなくって、相手の行動に、内心ケチつけて減点、減点、減点・・・。

 

自分のことも相手のことも減点方式にしか捉えられなくて、恋愛する=疲れると思うようになって、付き合っても長続きしませんでした

 

本当は自分が否定されたり、ダメな所を見られるのが怖かった・・・。よわよわな学生時代です。

 

22歳のときに大失恋して人生どん底に

大学生になって初めて本屋さんでアルバイトをしたんですが、これがびっくりするくらい仕事ができないんですよ、私(笑)

 

仕事ができなさすぎて9ヵ月で辞めて、2個目のバイトでファミレスでホール担当だったんですけど、そんなに仕事はできるほうじゃなかったです。

 

仕事の能力は低かったんですけど、個人契約でフランスに語学留学したり、フランスに香水つくり一人旅したり、アパレルベンチャー企業に就職を決めたり、ポテンシャル高めなところもありました(自分で言うのもどうかと思うけどw)。

 

そんな勢いづいているときにバイト先で彼氏ができたんですけど、その彼氏にドハマりして、人生が崩壊しました(笑)

 

彼氏第一優先みたいになっちゃって、自分を犠牲にして尽くしているうちに、しだいに彼から大切にされなくなり、身も心もボロボロにして別れることになってしまいました。当時はどんな扱いでもいいから別れたくないとすがってしまいました。

 

付き合ってる当時も別れてからも、毎晩泣きっぱなしで、別れてからはさらに悪化してごはんが食べられなくなり、激やせして無気力状態

 

失恋の落ち込みが激しくてバイトも辞めてしまったんですが、彼のいない人生なんて、つまらなくて、生きてる意味ないと死んだように生きてました。

 

これが、私の人生のどん底。

 

今までも苦労してきて幸福度低かったのに、「まだ落ちれるんだ・・・」とそのときは絶望しました。

 

ちなみに、そんな奈落の底で、未練がましく占いサイトを徘徊した結果、付き合った彼は「運命の人」だったらしいwww

 

「若い頃に出会うと衝突して別れてしまうが、大人になって再会する」と書いてありました。別れてからこんなの見つけたら忘れられるもんも忘れられないでしょーが!!!(笑)

 

復縁系ブログに出会って、復縁することよりまず自分を大切にすることを知る

すっかり傷心して人生そのものに疲れきっていたものの未練ありありな私は、ある復縁系ブログにたどり着きました。

 

そこでは、復縁するテクニックというより分を大切にする生き方を繰り返し発信していて、自分を大切にすることで思わぬ結果をもたらすことが書かれてありました。

 

自分の状況とそっくりなことがほとんどというか全部書かれていて、私は藁にもすがる思いで全記事を読み漁りました

 

そこで今まで、自分がどれだけ自分をのことを大切にせずに生きてきたかを気づくことができました。

復縁するにしてまずは自分を大切にすることが必要だと分かり、記事に書いてあることを意識して取り組む日々がスタート。

 

ここから少しずつ、どん底から這い上がり、幸福度が上がっていきます。とはいえ最初の1年は全然うまくいかなかったです。

 

ただ幸いにも、そのブログの管理人さんは、メールでの相談を有料ですが受け付けてくれていて、私は迷わず課金しました。

 

このメール相談がすごく良くて、初めて私の話を包み込むように聞いてくれて、今の自分に必要なことを言ってくれる人に出会いました。

 

顔も本名も知らない、会ったことのない人ですよ。ホントにすごい世の中だなって思いました。

 

後にも先にも、この方が私にとって最も尊敬している女性です。あのとき、救ってくださって本当にありがとうございました。この恩は一生忘れません。

 

社会人になると、プレッシャーとストレスにさらされる

こうして新しい思考に出会い、意識して取り組んでいたものの、やっぱり20年以上ともにした自分の生き方やクセを直すには時間がかかりました

 

彼と別れた翌年はアパレル販売員として社会人1年目。40~50代向けのファッションブランドで急成長中のベンチャー企業で期待の新人として、自分を大切にするどころか身を粉にして働きました。

 

その過程で、かなりプレッシャーがかかる店舗に配属されて精神的に参ったこともありましたね。

 

自分がやったミスでなくても「きっと私がやったんだと思います、申し訳ございませんでした」と謝るのが当たり前になったりとか。

 

一度は転職しようかと、ウェブ系の先輩に相談して職務経歴書を書くところまで至ったこともありました。

 

でも実績がなくアパレルからウェブ系に転職する理由が見つけられなかったんですよね。

 

ただ単純にそのときの環境から逃げ出したい気持ちしかなかったので。

 

だから転職はいったん見送って、仕事で実績をつくることを意識するようになりました。

 

より一層がんばって働くようになると、風邪を引く回数が多くなり、1度風邪を引くと2ヵ月くらい全然治らなくて、毎回声が完全に潰れても出勤して働いていました。

 

私はバカなので、身を粉にして働く自分に優越感を感じていて、声がつぶれることさえ頑張ってる気がして働くことをやめられなかったんですよね(笑)

 

ただそれも、復縁ブログでアドバイスをもらっていくうちにそこにも変化が。

 

だんだん「今までの自分の頑張りをみとめたい。もうこれ以上頑張るのやめたい」と思うようになり、本格的に転職を考えだすようになったのです。

 

その頃には、社会人2年目にして店長補佐になり、新店舗立ち上げにも参加して優秀店舗として実績をつくれていました

 

25歳でアパレル辞めて、プログラミング勉強スタート、人生が上向いた

そして在職中から転職活動を始めて、自分の市場価値がわりと高いことを知って、ウェブのコンサル系企業1社に内定をもらった状態で仕事を辞めました。

 

ただ、この内定は蹴ったんです。

 

仕事を辞めたことで気持ちが解放されて、小さいときから好きだったPCのことを思い出して、PCに関係した仕事をしてみたいと思ったからでした。

 

いままで、親や友だち、世の中の常識に縛られて、やりたいことがあっても「その前にここで働いてもっと力をつけたほうがいいんじゃないか?」と遠回りに生きてきました。

 

だから、「もう遠回りはたくさんしたから、これからはやりたいことを一直線にやってみよう」と思い、興味があったプログラミングを本格的に勉強することを決めました。

 

復縁ブログでアドバイスしてもらった思考が、3年経ってやっと自分の行動にはっきり表れるようになりました。

 

人間関係・モノ・浪費の断捨離して人生をリセット

仕事を辞める半年くらい前から、自分が辛い状況にいることも、嫌な人が周りにいることも、全て自分で選んできたことだったと自覚するようになりました。

 

そして一緒にいると気分が落ちる人は徹底的に距離を取ったり、縁を切ったりするようになりました。大きな進歩でした。

 

これだけでも、かなり自分の生活のレベルが上がりました。

 

私が信頼する大切な友だちは、たった1人まで減って、こんなに減らして大丈夫かなと思うときもあったけど、1人いるなら最高じゃんと思って振り返りませんでした。

 

結果として、私が「本気で大事にしたい人としか会わない」という厳選されたコミュニティに自分が入ってることが嬉しいと友だちから言われたりするようになって人間関係が落ち着きました。

 

そして仕事を辞められた時点で、もう失うものは何もなかったので、脱毛やら美容サプリやらサブスクのクレジットのローンも全て解約。

 

我慢してなんとなく使っていた洋服や小物なども全て捨てて、ほぼ裸一貫状態になるまで身の回りをクリーンにしました。

 

そして1か月分溜めていた前職の有休分でTechAcademyというプログラミングスクールに入って勉強スタート

 

部屋には何もなかったので、「やることないからプログラミングやるか」という環境を作りました。

 

全てが新しく見えて、楽しくて、「元カレがいなくても、私はいくらでも幸せになれるんじゃん」と、失恋の傷もすっかり治りました。

 

プログラミングスクールについてはこちらで紹介しています。

【体験談】TechAcademyでPHPLaravelコースは現場でどのくらい通用するか

こんにちは、新人エンジニアのもも(@momo_programer)です。   今日は私が半年でIT未経験者から受託開発のSE(システムエンジニア)に転職できた中で、通って良かったと思えたプロ ...

続きを見る

 

『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで、成長を阻む人の言葉に耳を貸さなくなる

プログラミングを勉強していると、ネットビジネスで活躍されている人たちを見て、私も影響を受けました。具体的には、いろんなYouTubeやビジネス書籍を読むようになりました。

 

中でも、『改訂版 金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著、筑摩書房出版)という有名な本を読んで、幼き著者が2人のお父さんのうち片方(=実のお父さん)の言葉に一切耳を貸さなくなったという話が一番影響されました。

 

加えてお金の使い方や考え方、つまり自分の成長につながることに投資をしていくことや、お金が出ていく流れ、自己投資の大切さはこの本で学びました。

 

これですね。有名すぎるやつ↓

 

嫌な人とできるだけ距離をとる、付き合わないようにすると言っても、両親や職場の人など物理的にムリな場合があります。

 

とくに私の両親は、私が仕事を辞めてプログラミングをやりたいと話したとき「そんなに甘くないんじゃない」といつものお決まりのことを言っていましたから、この本を読んで、

 

「そっか。どんな否定的な言葉でも、聞くか聞かないかは自分で選べるのか」

 

と思い、いっさい耳を貸さなくなりました。

 

そのおかげで、昼も夜もプログラミングの勉強に集中できて、途中から親も「そんなにやりたいなら、頑張りなさい」と応援してくれるようになりました。

 

受託開発企業に転職・2020年8月時点のスキル

そして現在、私は無事にアパレルからエンジニアに転職することができて、受託開発企業で働いています。

 

現在のスキルは、

  • HTML
  • CSS
  • PHP/Laravel
  • JavaScript/jQuery/ReactNative

です。とはいえまだまだひよっこです。

 

これまでに書いたとおり、私は仕事ができる人間じゃありません。

 

だからきっとこれからも人よりたくさんの時間がかかると思う。

 

でも知識をつける楽しさを覚えた以上、これからも素直に勉強をつづけてできることを増やそうと思っています。

 

私の幸せの基準

私は小さい頃、幸福度が低かったので、今の状況だけでも、かなり幸せを感じています。

 

でも、さらに人生を豊かにしようと思っていて、私がイヤだな~と思うことをあげるとこんな感じです。

  • スーツ着たくない
  • 満員電車に乗りたくない
  • 仕事ばっかりで遊べないのはイヤだ
  • 好きなときに旅行に行けないのはイヤだ
  • 人を選べない状況はイヤだ
  • 定年まで働くのはイヤだ
  • 好きなだけ寝れないのはイヤだ

金銭的な自由よりは、精神的な自由を優先しています。

 

精神的に余裕があると、チャレンジしやすくなるんです。

 

それと、わたし眠るの、大好きなんですよね(笑)ふわふわのベッドに包まれた生活が何より幸せです♡

 

私がブログを書く理由と想い

最初にこのブログを書いていたときは、エンジニアの技術的なことを発信していました。

 

目的は、プログラミングで勉強したことを自分なりに説明することで理解を深めることと、転職活動のときにプログラミングに対して熱心であることを表現するためでした。

 

どんなことを書いていたか気になった人は、技術メモというカテゴリに分けておいたので、見てみてください^^

 

改行とカテゴリを直したぐらいしかテコ入れしてないので、書いた内容は当時のまんま。私が転職活動中に実際見られてもOKにしていた記事たちです。

技術メモカテゴリの記事一覧

 

そして今はというと、私と同じように悩んだり苦しい思いをしてきた人が、ちょっとでも元気になったり、何か変わるキッカケになってもらえたら嬉しいなと思って書いています

 

私もかつて復縁ブログで救われたり、プログラミングで活躍されている方のブログで前向きに頑張れましたからね。

 

変わろう、変わりたいと思っている人で私のブログなどに出会えているということは、すでにそれが射程圏内(=叶えられること)になっているからなんですよ~!

 

人間、変わる気もない・仕方ないと思ってることは、情報が目の前にあっても気づかず素通りしますから。

 

なので、私のブログを読んで少しでもチャレンジできた人が現れたら、きっと私のほうが元気をもらいます。

 

そのときはぜひコメントでもDMでもご一報ください^^

 

Twitter

最後に私のTwitterです。最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

ピンときた人はぜひフォローおねがいます♪

 

@momo_programer

 

*当ブログ「とある新人SEは、走らない」はGoogle AdSenseを利用しています。

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-雑記

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.