プログラミング勉強

プログラミングでやりたいことが分からなくなった…それはあなただけじゃない♡

プログラミングを勉強してるけど、いざ「何やりたいの?何を目指してるの?」と聞かれると答えに困る…

 

そんなことないですか?

 

私も無職でプログラミング学習中のとき、頑張って勉強はしてるんだけど、なにをやりたいか定まらない時期がありました!

 

だからすごく良く分かります!焦るわりに、しっくりくるものがないから悩みますよね…。

 

なので悩んでる人がいたら、一人じゃないし、この記事で少しでも希望とか光が見えたらいいなと思います。

 

その悩みの原因と、私がやりたいことを見つけられた方法をババっと伝授。お試しあれ♡

 

プログラミング初学者が、やりたいことが見えなくなる理由

プログラミングの勉強を始めて1~2ヵ月くらい経つと、自分を見失う率が高くなると思っていて、理由は大きく分けると2つです。

 

プログラミング初学者が自分を見失う理由

  1. 基礎学習がつまんない・マークアップ言語から勉強するから
  2. 流行に流されたり、損得勘定が働き、やりたいことよりできることで選ぼうとするから

 

まずはこの2つの理由を知って、冷静に自分を見つめていくことが大切になってきます。

 

やりたいことを見失う理由① 基礎学習がつまんない・マークアップ言語から勉強するから

まずは学習面でいうと、基礎の学習って計算の仕方とか文字列を表示するとか、けっこう地味なことが多いですよね。

 

せっかちな性格の私は最初、

 

いや計算の仕方はわかったけど、だからなに?

 

って感じで、全然楽しめなかったんでよね(笑)そりゃそうですよね、これだけで「うわープログラミング楽しー!!」ってなるわけないんです。

 

要するに、プログラミングを学習しようと思ったときの期待値がものすごく高い。

 

だから、基礎学習がすごく退屈になって、学習のスピードが落ち、モチベーションも落ち、

 

私って本当にプログラミングをやりたいのかな…

 

と思っちゃうわけです。

 

基礎学習は、あらゆるプログラミング言語でつかえる知識ではありますが、だからって最初から丁寧に勉強しなくてOK!

 

さらっと勉強して、ところどころ忘れちゃっても、なにか簡単なアプリをつくってみる方が10倍楽しいので、どんどん進んじゃいましょう。

 

その途中で基礎学習の知識が必要になって、今度は自分から学びにいきます。

 

ちなみに私は、よくある「ストップウォッチアプリの制作」とかも、つまんなすぎたので飛ばしたりしてましたよ!(笑)

 

あとになって「どんな仕組みになってるんだろう?」と気になって勉強しました。

 

なので必要になったら、また戻ってくればいいというスタンスがOKです!

 

そして、マークアップ言語と呼ばれる「HTML/CSS」の学習から始める人も多いですよね!

 

私もマークアップ言語から入った組です!

 

マークアップ言語は簡単で目で見て分かるから楽しさもあり、プログラミング学習を始めるのに最適なのですが、本来の目的を見失いやすくなるんです。

 

もともとは、スマホアプリを作りたいと思っていた真面目な人が、つまり私がよく調べもしないで、

 

いきなりは難しいだろうから、とりあえずHTMLとCSSの勉強からしてみよう!

 

と、意気込んで勉強を始めます。そして、HTML/CSSで簡単なサイトが作れるようになったら、

 

まだスマホアプリを作るのは難しそうだから、とりあえず、PHP勉強してみようかな!

 

と………、完全に目的を見失ってますよね(笑)

 

ま、今となっては、そこまで後悔しているわけじゃないですが憧れはありますね。

 

段階を踏んだ学習が悪いとは言えませんが、こんな調子で勉強していると、そのうち、

 

あれ…?私なにがしたいんだろう?

 

となりやすいので、目的があるなら一直線でやりたい言語を学びましょう。その判断は早ければ早いほど賢い選択になります。

 

実際、iPhoneアプリを作りたいとしたらSwiftというプログラミング言語についてきちんと調べれば、HTML/CSSを覚える必要がないことが分かります。

 

一般的にWebサイトやアプリケーションの環境、デバイスなどによって開発言語は変わります。しかし、Appleのデバイス用のアプリはすべてSwiftで開発できるため、一度覚えるとApple製品のすべてを扱うことができます。
また、ほかの言語でWebアプリケーションを作成するときにはJavaScriptやJavaなどのプログラミング言語だけでなく、HTMLやCSSも覚える必要があります。しかし、SwiftならSwiftとXcodeだけでアプリケーションの開発が可能です。

出典:「Swift」とは?Appleが開発した新しいプログラミング言語の特徴

 

ここでいうWebアプリケーションとは、ネットでブラウザを開いて使うサービスのことですね。

 

このWordPressというブログサービスもWebアプリケーションになります。

 

Webアプリケーションは、いろんなプログラミング言語が組み合わさってできているのです。

 

と、話がすこし逸れましたが、一度Webアプリケーションの世界に入ってしまうと奥が深すぎてなかなか抜け出せないので、もしスマホアプリに興味あるなどあれば、やりたいことを見失う前にチャレンジすることをオススメします!

 

★スマホアプリはHTML/CSSの勉強は不要★

TechAcademy iPhoneアプリコースTechAcademy Androidアプリコース

 

どの言語がいいかイイか迷ったら...

★カウンセリングで聞いてみるのもアリ★

無料キャリアカウンセリングのお申込み

 

やりたいことを見失う理由② ハヤりや損得勘定がはたらいて、やりたいことよりできることで選ぼうとする

プログラミング言語は種類がたくさんあって迷ってしまう人が多いと思うのですが、転職したい人だと特に、

 

何のプログラミング言語をやったほうが転職しやすいんだろう?

 

このプログラミング言語をどの会社でも通用しそうだし、やっておいたほうがいいんじゃないか

 

最近はフロントエンドが人気らしいから、これができるほうが重宝されたりして?!

 

という感じに、やりたいかどうかよりも損か得かで選んでしまったり、自分の主張よりも、世間体を大事にしてしまいがちです。

 

余裕がないときほど、やりたいことよりできることの中で選んでしまうんですよね。これなら私にもできるかな、と。

 

いざそれで転職活動をはじめると、「どんなことやりたいの?」「どうしてこの言語を選んだの?」「どんなポートフォリオ作ったの?」と言われたときに、当たり障りのない超つまんない話しかできないんですよね(汗)

 

損得勘定ぬきで、やりたいことを優先しましょう♡

 

強みがない」と言われた転職活動初期の私

私は転職活動は、9社程度受けて仕事を決めることになったのですが、転職活動中に良いエピソードがあります。

 

ある企業の会社に興味を持って、さっそく連絡を取って面接を受けさせてもらったんです。

 

当日面接をしてくださったのは現役のエンジニアの方で、その方にポートフォリオを見せながら説明をすると

 

うーん、強みが足りないかな。この中で自分が一番力を入れたところは?

 

と言われて、たいしたことを言えなかったんですよね。

 

それもそのはずで、やりたいことを見失っていた私のポートフォリオは、平凡でありきたりな、のっぺりした成果物でした。

 

この言葉だけで、十分すぎるくらい自分の甘さを痛感させられました。

 

「ここまで頑張ってきたのに、悔しい!」

 

と火がついて、急いでポートフォリオをブラッシュアップしました。

 

ブラッシュアップしたポートフォリオをほかの企業の面接に持っていくと、

 

「お、いいね。ちゃんと考えてるんだね」と言われるようになって、それから今働いている会社で採用が決まるのはあっという間でした。

 

どんな成果物を作ったかはこちらの記事で紹介しています!

 

「自分がいまどんなものも作れるスキルがあったら、何がしたいの?」と言われて目が覚めた

もうひとつ、面接を担当してくれた現役のエンジニアさんが言ってくれた言葉があります。それが、

 

自分がいまどんなものも作れるスキルがあったら、何がしたいの?

 

という言葉でした。

 

この言葉で、私はやっと自分が最初にプログラミングをやってみたいと思ったときのことを思い出させてくれました!

 

本当は、スマホアプリが作れるようになれたらイイなと思っていたんですが、今の自分にそんなスキルはないから言い出せなかったのです。

 

勝手に、今持ってるスキルでできることを言わなきゃいけないと思っていたわけです。

 

でも面接官はそんなことは気にしておらず、今のスキルと繋がってなくても将来的にやりたいんだ!という気持ちを見たかったんですよね。

 

ぜひ、やりたいことが分からなくなってしまった人は、「自分がいま、何でも作れるとしたら」で考えてみましょう。

 

フロントエンドとバックエンド、どっちも興味があったら、どっちも受けてみ!!

HTML/CSSから勉強を始めた人が、PHPを勉強し出すと、転職するときに、

 

フロントエンドとバックエンド、私はどっちにしたほうがいいんだろう?

 

って悩むと思うんですよね。

 

フロントエンドはHTML/CSSとJavaScriptが主で、バックエンドはPHPやJava、Pythonなどたくさん種類があります。

 

で、こういう悩みを持ったときは、面接受けてみることが一番です!

 

フロントエンド系の職種だと、面接前に適正テストがある企業もあります。

 

用意された、サンプル画像をもらって、この通りにサイトを作ってください、みたいな。

 

私は、これを受けてみて、デザイン通りの画面を組むことの難しさを感じたし、まったく楽しさを感じられなかったんですよね。

 

バックエンドと言われるシステムを組んでいるほうが楽しかったなと思って、バックエンド職種に的を絞るようになりました。

 

なので、フロントエンドとバックエンドどっちがイイか迷ったら、両方受けてみたほうがイイです!

 

まとめ:やりたいことが見えなくなったら、損得勘定で動いてないかチェック

ここまで色々話しましたが、やりたいことが見えないときは損得勘定で動いている場合が多いです。

 

悩みの軸を変える

どっちのほうがイイのか ⇒ どっちをやってみたいのか

 

すぐに完璧な答えがでてくることを期待しないでください。

 

「どちらかと言えば、こっちかな~」ぐらいでも全然OKですよ!そのうち考えが固まってくると思います。

 

また、「今は○○が少しわかるようになった。将来は~~ができるようになりたい」と、現状のじぶんを受け入れつつ、今のじぶんと切り離して考えてみるのもやりたいことが見つかりやすいです。

 

そんな自分を軸にして話せると、周りも「あなたに投資してみようかな」と、思ってもらえるのです。

 

これは、スキルがあるかどうかじゃないですよね。熱心に勉強しようと思っているあなたに対して投資してみたいと思うんです!

 

やりたいことを見失ったら、この記事を読んで転職を成功させましょう!

 

ではまた更新しまーす!

 

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-プログラミング勉強
-

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.