プログラミングスクール 技術メモ

TechAcademy受講生が語るプログラミングスクールのメリット

こんにちは、エンジニアを目指しているもも(@momo_programer)です🍀

 

実は12月13日でPHP/Laravelコース を無事に終えることが出来ました!2ヵ月コースを選んでいたのですがあっという間でした。

 

さっそく、たくさんの事を学べたので制作したものやプログラミングスクールについて載せていこうと思います。

 

TechAcademy [テックアカデミー]

TechAcademyについて

TechAcademyはオンライン完結型のプログラミングスクールです。

 

プログラミングスクールと言ってもいろんな形があって、教室に通うタイプや合宿タイプもあるし、様々です。

 

私は教室に通うタイプのスクールに通った経験もあるので、簡単に比較してみると、こんな感じです。

 

 

とにかく交通費が結構いたいんですよね💦

 

それに、土日にがっつり勉強したいなと思っても、予約が取れないスクールだったのでかなり苦労しました。

 

オンラインスクールの場合はその点便利で、自分の好きな時間で好きなだけ勉強できるので勉強しやすかったです。

 

そして通うタイプでもオンラインスクールでも、どちらにも言える事ですが、教えてくれる先生の質はかなり重要です。

 

その点でもTechAcademyは質が高く、質問チャンネルというものがあって、そこで質問するのですが、現役エンジニアの先生たちが質問に答えてくれるので質問するだけ勉強できます。

 

私は他のプログラミングスクールに通った時にこの点で消化不良な部分もあって、TechAcademyの受講を決めました。そして利用を終えて先生たちの質を実感できたので、オススメできます。

 

さらに言うと、この先生たちとは別に、TechAcademyでは受講生1人にメンターが一人担当としてついてくれます。

 

メンターさんは、おそらく何人かを受け持っているかと思いますが、

 

このメンターさんが、週に2回、ビデオチャットしてくれます。そこでは分からない所を細かく解説してくれたり、次のビデオチャットまでの進捗を管理してくれたり(これが個人的には一番有難かったです)、希望すれば転職の相談もしてくれました。

 

このメンターさんがとっても優しいのも特徴です!

 

エンジニアの方の中には、ちょっと取っつきにくい人がいることも事実です。初心者には冷たい対応がメンタルをやられることもあるんですよね。

 

でも担当してくれたメンターさんは本当に優しくて、エラーまみれになったとき本当に頑張れますよ!笑

 

注意点として、質問チャンネルで応えてくれる先生の中には、自分と合わない先生もいると思います。でも、そんな先生にでも勇気を出して粘って質問することって結構大事だと思っていて、最終的に就職して、口下手な先輩に教えてもらわないといけない状況が来たとしたら(避けたいけど笑)、ぜったい今のうちに慣れて、どんな人であっても質問出来る人は伸びる可能性も圧倒的にありますよね。

 

オリジナルサービスの制作までサポート

さて、TechAcademyでは、最終的にオリジナルサービスをつくることも課題の一つとなっています。オリジナルサービスをつくる際、教科書に載ってないこともフォローしてくれるっていうのが、最強です!!

 

普通は、カリキュラムをやって、オリジナルサービスは自分で作ってポートフォリオにしてくださいね。ぐらいであんまりサポートしてくれません。

 

カリキュラムの中にある内容だったらまだ教えてくれますが、「ここは、このコース受講されている方だと教えられなくて~。こっちコースを受講して頂ければ・・・」っていうのが当たり前にあります。

 

でも実際、自分でサービスを作っていると、「ここのデザインこうできないかな?」とか「ここにこういう機能つけたいな。私にもできるかな?」って思うのも当たり前にあります。

 

そういうのもある程度許容して普通に教えてくれるのがTechAcademyを利用して嬉しかったことですね。

 

では、ここでは私が作ったオリジナルサービスを載せておきます。

 

BOOKSNAPSという本の内容を登録できるサービスです。

 

 

 

投稿機能はもちろん、一覧やいいねの機能などなどあり、タイトル検索やユーザー検索もできるようにカスタムしました。

 

自分の作品が作れると本当に嬉しいですよね!

 

今後はAPIといって、アマゾン商品とこのサービスを連携させる(?)ような機能もあって、そこはまだまだ勉強できないので、追加していきたいですね。

 

一応TechAcademyのオリジナルサービス作成では希望すればAPI取得のやり方も習得できます(私は理解度を深めることに専念しました)

 

このように自分の作品づくりになると途端に怠け癖が出る人も、最後まで追い立ててくれるので(笑)、このくらい管理してくれるのはスクールにお金を出しただけあるなと思います。

 

料金については、ほかのサイトで多く載っていることでしょうから、ここでは割愛します。

 

まとめ

長く書いてきましたが、いかがでしたか?

 

少しでも参考になれば嬉しいです。独学やスクールなどさまざまな学習法があるので、自分に何があっているのか探すだけでも大変ですよね。

 

実際私も、最初の通うタイプのプログラミングスクールで学び、料金と満足度が釣り合ってなくて、独学(Progateやドットインストール課金)で勉強した時期もありました。

 

でも独学だと自己管理能力が当時低すぎて、なかなか進まないし、エラー解決に時間が掛かったり、そもそも新しいプログラミング言語を勉強するために環境構築という作業があるのですが、これに時間が掛かったり上手くいかなかったりでかなりストレスになりました(笑)

 

そして再度TechAcademyに通うという、失敗に失敗を重ねて今があります。笑

 

なので、あえて言うならすべての事に期待しすぎるのは危険です。

 

期待しすぎると、損した!という気持ちが強くなるからです。それと、期待が大きいと損を考える量も増えるので、チャレンジしづらいんですよね。

 

もしサービスが自分にとっていまいちだったとしても最終的にこれくらい理解できればいいかなー

とか、

 

このサービスを受けたら、自分の中に一つの価値基準ができるからそれだけでも収穫だなー

とか、

 

その程度がいいですよね。このお金を払いさえすれば全て解決する!と思ってしまうと、結局相手次第っていう相手に依存した形になってしまうので。

 

それにそのくらいの緩さで構えていると、思わぬちょっとした良い事が、すっごく嬉しかったり、思わぬ出会いがあったりして「想像以上の大収穫だった!!」って思えることってよくあるんですよね。

 

ぜひ色々ゆるい気持ちでチャレンジしていきましょう!

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-プログラミングスクール, 技術メモ

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.