技術メモ 雑記

12月のTODO途中報告

こんにちは。プログラミング学習中のもも(@momo_programer)です🍀

 

12月も残り1週間ですが、ちょうど12月初めに、あと1か月でどれだけできるのかということを試したくて、TODOを作成しました。

 

 

それがこちらでした。

 

TechAcademyでオリジナルサービスを始めようとしているところだったので、アプリを早めに完成させて、やっていく予定でした。

 

さて、今回は途中経過を書いていきます。

オリジナルサービス作成で時間見積もりのミス!

この時点では絶対に頑張ればできる!と信じていました(笑)

 

しかし、オリジナルサービスを作るときの時間の見積もり方ってイメージつきますか?

 

私はすで基本的なスキルは学習済みだったので、このような時間見積もりをして想定していたことを図に表すとこんな感じです。

うまくいかない場所も当然あると想定してそれでも2週間でできるだろうと思っていました。

 

でも実際やってみると分かるのですが、初心者にとってオリジナルサービスを作るという事は想像している以上に時間が掛かりました!💦

 

まずツイッタークローンの課題を終わらせたばかりでかなり消耗していて、少し休みたい気持ちもあったんですよね。それに加えてサイトマップなど作成するツールも初めて使ったものだったので余計に時間がかかりました。

 

開発はそれでもスムーズにいった方だと思います。ちゃんと勉強してきた実感ができてとても嬉しかったです。

 

エラー潰しもそれまでは、どこで動作確認をすればいいのかタイミングが掴めなくて、「全部一通りやってから、潰そう」と思っていたのですが、結局そうするとどこでエラーが起きているのか探すのが大変ということに気付きました。

 

なのでオリジナルサービスを作ったときは、小さな動作確認をたくさん入れる事でエラーの解決速度が一気に上がりました。

 

さて、実際アプリ開発にかかった時間はどれくらいだったかというと、

なんと3週間もかかりました(笑)💦

 

ひどいなww一応設計の部分は11月末から始めていたので、実際にアプリが終わったのは12/13でした。想定していたよりも時間が掛かりましたが、カリキュラムを早めに終わらせていたから3週間も時間をことができたので良かったです。

 

プログラミング初心者は、特に、エラーや動作確認をしたうえで改良する工程の見積もりを甘くすると思うので、これだけは言えますが、

 

改良改善にかける時間、そしてそれをherokuやfirebaseにデプロイ(世界中に公開すること)にも意外と時間が掛かるので、余裕を持つことが大切です。

全体的な計画の見直しはしつつ、絶対に最後まで諦めない

さて、アプリ開発はできたものの、この時点で半月を消費してしまいました。

 

この失敗はかなり自信を失う出来事だったんですが、TODOの「迫さんのnote記事購入して読む」というのがあります。

 

このタスクは楽勝ですね。買って読むだけですので。購入したのは12/09です。

 

 

迫さんというのはエンジニアブロガーとして活躍され、今はプログラミング教育事業などを手掛ける社長もされているという面白くてすごい人なんです。

 

その方のnoteでTODOの立て方や目標に対する戦略の立て方や実際どんな行動をしてどんな利益が出たのかを細かく書かれているものがあって、

 

私はとっても気になっていたし、アプリを完成し終えて予定的に失敗中な私はどうして私はうまくいかなかったのかを知りたかったんですよね。

 

実際に読んでみて、かなり細かく書かれていましたし、自分の計画の立て方と全然違う!というのが分かったので、ためになりました。

 

迫さんのnoteみてみる

 

実際に途中経過を書くことも大事だと分かったので、行動にも映しました。

 

 

途中経過を書いたのは12/18です。12/13から18までは本を2冊読んで、迫さんのブログを読んでいました。

 

途中経過を見ていただくと分かると思いますが、計画を修正しています。

 

プログラミングでオリジナルサービスを作る時もよく言われるのが、

 

「心臓部分となる開発を最優先で進める。優先順位を明確にする」

 

絶対に作らないといけない部分から先にやり、なくてもイイものは最後に持っていくということですね。

 

アプリを完成した時点でかなり遅れは取っていたけれど、諦めるにはまだ早いよねって思ったので、まず行けるところを再設定しました。

 

そこでは捨てたくないって思ったりももちろんします。こういうときは悔しいですね。

 

でも自分の実力が知れたから良かったし、悔しいって思うってことはそれだけ成し遂げたい気持ちが自分の中であったんだなって分かって、だったら最後までやろうと逆にエンジンをかけることができました。

 

 

途中経過その2がこちらです。TODOの内容も修正したものに変えて、

 

メインとして内容を変えなかった3つをクリアすることができました!

 

途中経過を書いてみて、タスクを分解する(作業にどれくらい時間が掛かるか等)のは良かったのですが、

 

「これを2日で終わらす」とか〇日で終わるとかはいらなかったというか役に立たなかったなと思いました。

 

実際、そのペースでやろうとしてしまうので、集中できた日でさえそれ以上やろうとしなくねってしまったので、良い検証ができました。

 

ちなみに迫さんのブログは全部は300記事程度あります。プログラミングを学習する上で、有益な情報がたくさんあるので全部読んだかいがあります。

 

読みながら忘れたくないところはメモを取っていたので、これものちのち効果を発揮してくると思います。

ここまでのまとめ

TODOリストを作る時はモチベーションも高く、ワクワクしますが、

 

やっていくとモチベーションは必ず下がります。ただ、そこで何もしないと、結局タスクを放棄することになりかねません。

 

よく「これをやっている時間があるなら一個でもタスクをこなした方がいいのでは?」と思う人も出てくると思います。

 

しかし、修正をかけたり、途中経過を整理することで頭の中も整理されるので効率的に判断する・行動することが期待できます。

 

それによって、謎にアプリの完成度を上げようとしたり、謎に難しすぎる本を読もうとしたりすることを防ぎ、あくまでタスクを終わらせることに集中できるんです。(本当にタスクが終わるかは本人次第ですが)

 

そのほかにも、ブログやTwitterやnoteで発信して、周りに宣言することで追い込むやり方もありますよね。

 

ぜひ12月あと1週間ですが、最後までやりきましょう!

 

ではまた。(TODO結果もまた載せます!)

ももの公式メールマガジン

プログラミングに興味がある人やプログラミング学習を始めた人のために、

とっても大切なマインドについて公開しています。

 

私が思うに、マインドが整っていれば、どんな手段から学べます。

 

無料で学習しても、プログラミングスクールで学習したとしても自分の力にしていけます。

 

でもマインドが整っていないと、せっかくプログラミングスクールにお金を払っても、うまくいかなくて泣く思いをしてしまいます。

 

そんな風になってほしくないから、メルマガを始めました。

 

詳細はこちらのページを覗いてみて下さい^^

COMMING SOON...

-技術メモ, 雑記

Copyright© とある新人SEは、走らない。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.